2010年10月05日

タイにある奇妙な寺ワット・パイロンウア

 タイのバンコク郊外に奇妙なお寺、ワット・パイロンウアがあります。
 広大な敷地の中に巨大な人物像や奇妙な像がたくさんあります。
 この写真で像の巨大さがわかると思います。
ワット・パイロンウア.jpg

 ウンチングスタイルをしている男の後方には、大盛りのうんこ、それを掃除している人の像や、針の柱を登り、地獄から逃げ出そうとする裸の人々、その中の一人の太ももに噛み付いている犬、内臓を出しながら、歩く女性の像、顔が人間の亀、他にもグロテスクな像のオンパレードです。

ワット2.jpg

ワット3.jpg

 BOBは、この寺の存在を旅の本で知ったのですが、どうしても行ってみたくなりました。
 来月下旬、ベトおナム航空で、ホーチミンとバンコクに行きます。バンコクでは、このお寺に絶対行ってきます。その時は、このブログで報告しますね。。。

●このブログの管理人が、イーグルスの『偽りの瞳』を歌っています。なぜか、海外でたくさんアクセスされてます。 是非、見て下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs&sns=em

●海外旅行の申し込みはこちらで


posted by ボブ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

YUI の『to Mother』

 YUIの『to Mother』は名曲ですね!

 確かTVの中で、初めてこの曲を聞いたのですが、ピアノの一節が耳について離れませんでした。そこは、『悲しみってあたし一人だけなら耐えられるのに』と『優しさって残酷よね?』の間の一小節です。2拍ずつCからGaugというコード進行のところです。このGaugというコードは、深み、広がり、胸騒ぎ、余韻等多くの感覚が詰まっています。素晴らしい。

 歌全体も、深い意味を持つ歌詞に、YUI独特の早口の部分が散りばめられ、素敵に仕上がっています。最近、いつも、頭の中に、この歌が鳴っています。

 
●このブログの管理人が、イーグルスの『偽りの瞳』を歌っています。なぜか、海外でたくさんアクセスされてます。 是非、見て下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs&sns=em

●まだ、持っていない人は、こちらから。



●海外旅行はどうですか?



posted by ボブ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ディープな洋画『8mm』

 『8mm』という、ものすごい洋画があります。BOBは、この映画の冒頭シーンを見てこの作品の魅力に引き込まれ、一気にラストまで、ドキドキわくわくしながら見てしまいました。BOBの好きな映画ベスト5に入るでしょうね。

 あらすじは、ある大金持ちのおじいさんが死に、その奥様のおばあちゃんが、多くの遺品の中から、一本の8mmフィルムを見つけます。そこには、少女がナイフで切りつけられ殺されるシーンが写っていた。

 おばあちゃんから相談を受けたニコラス・ケイジ扮する私立探偵は、作り物だと思いながら、そのフィルムを見ます。しかし、それは、どう見ても本物なのです。故人の名誉の為、警察には届けられず、この私立探偵が、おばあちゃんから調査以来を受けます。この少女が生きていることを、証明して欲しい、と。

 先ず、膨大な数の未成年の行方不明者リストを一枚一枚チェックし、一人の少女を見つけます。そこから、家宅捜査、アンダーグラウンドなポルノ業界の聞き込み等の末、ある違法な映画製作者をついに見つけます。

 非人間的なことを平気で行う悪人との、壮絶な戦い。明るみになった事実。もう、手に汗握るシーンの連続でした。

 そして、この作品のテーマは何か? あまりのディープさに、見終わった後は、呆然としてしまいました。

 見てない人は、ぜひ見て下さいね!!

●このブログの管理人が、イーグルスの『偽りの瞳』を歌っています。なぜか、海外でたくさんアクセスされてます。 是非、見て下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs&sns=em




●海外の安いホテル探しは、こちらから。




●CD、DVD,本等はこちらから。


posted by ボブ at 07:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。