2011年04月11日

長友、急成長!

 2日前、長友の試合を見た。セリエAのキエーボ戦だ。インテルは、ここ2試合首位攻防戦のACミランに負け、ヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグ(カップ戦)のシャルケにも大敗し、意気消沈していた。長友は、その2試合は、先発出場できなかったので、今回のキエーボ戦の先発は、気合が入っていたはずだ。
 そして、長友は、活躍をした。守りでは、危なげなく、相手のチャンスの芽をことごとく摘み、味方が中盤でボールを持つと、タッチライン沿いを猛スピードで駆け上がり、幾度かボールをもらい、センタリングを上げていた。また、ペナルティ・エリアの少し外の地点で、ボールをキープしている時に、相手からファールを受け、フリーキックを得た。そのフリーキックを起点にインテルが、ゴールを上げた。
 結局インテルは2対0で勝ち、長友は、あるイタリアのスポーツ誌で、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。
 長友が日本代表に最初に選ばれた頃は、守備面ではそれなりにやっていたが、攻撃面では、せっかくフリーでサイドに切り込んでも、センタリングの精度が悪すぎ、見せ場はほとんど作れていなかった。昨年のワールド・カップでも、センタリングに関してはまだまだだった。
 ところが、この前行われたアジア・カップ。ここらへんから、センタリングの精度が上がってきて、アシストもいくつか記録できた。そして、セリエAへ。インテルで10試合ぐらい出場しているが、1戦毎に上達している。センタリングもほとんど味方プレイヤーに供給できているし、センタリングだけではなく、内に切れ込んで、右足でミドルシュートもうてる。マークする相手も長友を押さえ切れない。
 まだまだ、発展途上のプレイヤーなので、もっと化ける可能性がある。先ずはインテルのレギュラーを獲得し、世界1のサイドバックを目指してもらいたい。今後も彼のプレーから目を外せない。


●このブログの管理人がイーグルスの「偽りの瞳」をコピーしています。見てね!
http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs

posted by ボブ at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

イーグルス東京ドームライブ

 イーグルスの東京ドーム見ました!私が行ったのは、3月6日(日)で、東京ドームの2日目です。3曲目に、トランペットの独奏が鳴り響き、その音がゆっくり、小さくなり完全に消えた瞬間、あの名曲「ホテル・カリフォルニア」の印象的なアコースティックギターのイントロが始まった。張りのあるハスキーなドン・ヘンリーのボーカルに酔いしれていると、エンディングのツインギターの迫力に圧倒される。この歌を聞いている最中、自然に涙がでてきた。「よくこんな完璧な歌を作ったなあ。」、「俺が死ぬ前に生で聞けて幸せ!」おそらくそういったことで、涙が出てきたと思われる。
 
 他にも、「偽りの瞳」、「我が愛の至上」、「駆け足の人生」、「呪われた夜」、「テイク・イット・イージー」、「イン・ザ・シティ」、「ロング・ラン」等々、ヒット曲のオンパレード、最近の曲も数曲披露された。そして、アンコールの最後が、「ならず者」。

 メンバーは60代前半。しかし、パワフルなサウンドと美しいハーモニーは、衰えは見られない。
最高の一夜でした。それにしても、ステージでは、ギターのジョー・ウォールシュが、一番目立ってました。

●イーグルスの「偽りの瞳」のコピーです。アメリカでヒット中!
http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs


●CD,DVD、本等はこちらで。





●国内のホテル、旅館探しはこちらで。


posted by ボブ at 01:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

タイの奇妙なお寺に行って来ました!

 前回のブログで言ったように、タイのバンコクにある奇妙なお寺「ワット・パイロンウア」に行って来ました。

 今回は、バンコクに3泊、ベトナムのホーチミンに3泊という旅でした。さて、「ワット・パイロンウア」に行こうかなと、ホテルを出たのですが、なにぶん情報がなく、「地球の歩き方」のようなガイドブックにも掲載されていませんし、住所もわかりません。ただ、バンコクの北西部6〜70kmのところにあるということしか知りません。とりあえず、ホテル専属のタクシー運転手に聞くと、
知っていると答えが返ってきました。二人分で、現地で2時間ぐらい待って、また、帰ってきて、3500バーツ(約10,500円)でどうだ、と言ってます。それは、少し高いので、3000バーツにまけてもらいました。

 そこは、広大な敷地を持つお寺で、中に、市場やお店、食堂等があり、近所の住民が集まってくるようです。大きな大仏像や、建物がいくつかありますが、英語の案内が全くないので、よくわかりません。BOBの目的は、地獄を表す奇妙なコンクリート像がある一角なのですが、あった、あった!

  2010.nov.bkk & sgn 035.JPG

2010.nov.bkk & sgn 033.JPG

2010.nov.bkk & sgn 030.JPG

 テーマは悪いことをすると、地獄に落ち、こんなふうになるよ、ということですかね?
 本当に奇妙なお寺でした。

posted by ボブ at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。