2013年11月20日

ポール・マッカートニー東京ドームライブ

 11月18日(月)、東京ドームでポール・マッカートニーを見てきました。先ず驚いたのは、彼のパワーです。71才というのが嘘のように、2時間30分間、歌いっぱなし。ギター、ベース、ピアノ等楽器も弾きっぱなし。歌もキーが高いし、パワフルなロックナンバーも多かったのによく最後まで、持続できたなと感心しっぱなしでした。また、日本語もちょこちょこしゃべってくれ、親日感も感じました。
 
 39曲中、25曲がビートルズナンバーで、『エイトデイズ・ア・ウィーク』、『オールマイラビング』、
『エリナー・リグビー』、『バック・イン・ザ・USSR』、『レット・イット・ビー』等で最後の曲が『ヘイ・ジュード』でした。BOBは序盤の『オールマイラビング』を聴いた瞬間、中学生時代の懐かしさがそうさせたのか涙が出てきました。中盤ポールが、『ブラック・バード』を生ギターの弾き語りで演奏しましたが、これも素晴らしかったです。

 アンコールは、『ゲット・バック』から始まり3曲歌いました。そして、またまたアンコール。個人的に弾き語りで『イエスタデイ』を望んでいたのですが、ズバリ正解。『イエスタデイ』をしみじみ聴いて、終わりかと思っていると、なんとさらに、『ヘルタースケルター』とアルバム『アビーロード』のB面のエンディング(何曲かの短い曲が曲間の切れ目がなくつながっていて、そのアルバムをトータルアルバムで最高傑作と言わしめた部分。『ゴールデン・スランバー』から始まった。)が披露された。なんて盛りだくさんなライブなのだ!もうお腹いっぱいという感じでした。

 集った人々も、中高年を中心に、20代、30代の若い人もたくさんいました。グッズ売り場はハンパない長蛇の列、こんなところにもビートルズの現存メンバーの人気が現れていました。

 『ありがとう!ポール!』
ラベル:ビートルズ
posted by ボブ at 02:15| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

ビューティフル・レインのテーマ曲

 7月から始まったテレビドラマ『ビューティフル・レイン』は非情に面白い。天才子役の芦田愛菜を男手ひとつで育てる豊川悦司。娘の為に洗濯や料理を当たり前にする良い父親だ。しかし、彼は、『若年性アルツハイマー病』にかかっていた。日常生活のいろんなところにその影響が出てくる。
 このようなドラマなのだが、ボブが今日言いたいのは、そのテーマ曲の話だ。ドラマの最後に流れる芦田愛菜の歌う『雨に願いを』だ。素人の女の子が歌う曲なのだが、最初聞いた時、耳について離れなかった。何故かいいのである。第3話で、その理由がわかった。作詞・作曲が松任谷由実だったのだ。その瞬間、涙が出てきた。天才ユーミンが、天才子役の芦田愛菜に曲を作ったのだ。なんと素晴らしいことではないか。
 
●この曲はここで買えます。

雨に願いを(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥1,349から
(2012/7/15 23:24時点)


posted by ボブ at 01:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

禁断の携帯ゲーム『ケータイ国盗り合戦』@

 今から3年前ぐらいに流行り始めた携帯ゲーム『ケータイ国盗り合戦』だが、私はその存在を知らなかった。先日友人からたまたま話を聞いたのだが、即座に『これは禁断のゲームだ!』と感じた。

 その概要はこうだ。日本が600の国に分かれていて、会員(無料でなれる)はその国の中で携帯電話の位置情報システムを使い、送信すればその国を盗ったことになる。つまり、自分の足で、その国に侵入しなければならないのだ。もちろん、走っている電車や車の中から送信してもOKだ。現在、会員は、40万人を超えていて、盗った国の数で順位が毎日付けられているので、自分の順位を意識するという楽しみ方もある。

 私が『禁断のゲーム』と言ったのは、このように順位を上げようとしたり、全国制覇しようとして、絶えず日本のいろいろな土地に行かねばならなくなるからだ。私も凝り性なので、その気持ちが痛いほどよくわかる。どれだけの交通費、宿泊費、時間がかかるのだろう。考えてみただけで、恐ろしい。私の友人は、関東から、南九州まで飛行機で行き、帰りを、新幹線や夜行を使って帰ってきたそうだが、夜行の車中では、一睡もせず、電車が『国』を通過するたびに、携帯電話の送信ボタンを押し続けたそうだ。涙なしでは語れない話だ。

 試しに最近会員になった私。現在25の国を盗っている。

●CD,DVD,本等お買い物はこちらから
 


posted by ボブ at 23:08| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。