2010年12月02日

タイの奇妙なお寺に行って来ました!

 前回のブログで言ったように、タイのバンコクにある奇妙なお寺「ワット・パイロンウア」に行って来ました。

 今回は、バンコクに3泊、ベトナムのホーチミンに3泊という旅でした。さて、「ワット・パイロンウア」に行こうかなと、ホテルを出たのですが、なにぶん情報がなく、「地球の歩き方」のようなガイドブックにも掲載されていませんし、住所もわかりません。ただ、バンコクの北西部6〜70kmのところにあるということしか知りません。とりあえず、ホテル専属のタクシー運転手に聞くと、
知っていると答えが返ってきました。二人分で、現地で2時間ぐらい待って、また、帰ってきて、3500バーツ(約10,500円)でどうだ、と言ってます。それは、少し高いので、3000バーツにまけてもらいました。

 そこは、広大な敷地を持つお寺で、中に、市場やお店、食堂等があり、近所の住民が集まってくるようです。大きな大仏像や、建物がいくつかありますが、英語の案内が全くないので、よくわかりません。BOBの目的は、地獄を表す奇妙なコンクリート像がある一角なのですが、あった、あった!

  2010.nov.bkk & sgn 035.JPG

2010.nov.bkk & sgn 033.JPG

2010.nov.bkk & sgn 030.JPG

 テーマは悪いことをすると、地獄に落ち、こんなふうになるよ、ということですかね?
 本当に奇妙なお寺でした。

posted by ボブ at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

タイにある奇妙な寺ワット・パイロンウア

 タイのバンコク郊外に奇妙なお寺、ワット・パイロンウアがあります。
 広大な敷地の中に巨大な人物像や奇妙な像がたくさんあります。
 この写真で像の巨大さがわかると思います。
ワット・パイロンウア.jpg

 ウンチングスタイルをしている男の後方には、大盛りのうんこ、それを掃除している人の像や、針の柱を登り、地獄から逃げ出そうとする裸の人々、その中の一人の太ももに噛み付いている犬、内臓を出しながら、歩く女性の像、顔が人間の亀、他にもグロテスクな像のオンパレードです。

ワット2.jpg

ワット3.jpg

 BOBは、この寺の存在を旅の本で知ったのですが、どうしても行ってみたくなりました。
 来月下旬、ベトおナム航空で、ホーチミンとバンコクに行きます。バンコクでは、このお寺に絶対行ってきます。その時は、このブログで報告しますね。。。

●このブログの管理人が、イーグルスの『偽りの瞳』を歌っています。なぜか、海外でたくさんアクセスされてます。 是非、見て下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs&sns=em

●海外旅行の申し込みはこちらで


posted by ボブ at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

YUI の『to Mother』

 YUIの『to Mother』は名曲ですね!

 確かTVの中で、初めてこの曲を聞いたのですが、ピアノの一節が耳について離れませんでした。そこは、『悲しみってあたし一人だけなら耐えられるのに』と『優しさって残酷よね?』の間の一小節です。2拍ずつCからGaugというコード進行のところです。このGaugというコードは、深み、広がり、胸騒ぎ、余韻等多くの感覚が詰まっています。素晴らしい。

 歌全体も、深い意味を持つ歌詞に、YUI独特の早口の部分が散りばめられ、素敵に仕上がっています。最近、いつも、頭の中に、この歌が鳴っています。

 
●このブログの管理人が、イーグルスの『偽りの瞳』を歌っています。なぜか、海外でたくさんアクセスされてます。 是非、見て下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs&sns=em

●まだ、持っていない人は、こちらから。



●海外旅行はどうですか?



posted by ボブ at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。