2011年11月25日

恐るべし!インドネシアB

 空港職員に違法チップを取られてしまい意気消沈してしまったBOBは、税関を抜け、ジャカルタ空港の到着ロビーに出た。すると目の前にいくつかの両替のブースがあり、その中のひとつから、若い女性が笑顔でBOBに向かって手招きしている。両替所にしては、明るく、フレンドリーだなと思いながら、どうせ両替するつもりだったので、呼ばれるまま、その両替所で2万円を出した。

 インドネシアのルピアのレートは、だいたい1:100。つまり、日本円に0を2つ足したぐらいだ。20,000円渡したので、2,000,000ルピアが正解だ。なぜか、50,000ルピア札ばかりでくれた。かなりの枚数をどかっとくれたので、そのままバッグにいれようとしたが、一応数えてみた。40枚が正解なのだが、36枚しかなかった。『N0!』と言ってつき返すと、女は、もう一度数え直し、『あら、すみませんでした。』と、ちょっと数え間違った風にニコリと笑い、40枚をくれた。

 そうなのだ。最初からピンはねしていたのだ。日本人の旅行者は、両替すると、大量のルピア紙幣をもらうので、計算なんかできるわけない。そのまま、『サンキュー』と言って、財布にねじ込むだけだろう。この両替所の女は、カモと見るや、笑顔と手招きで、小遣いをかせいでいたのだろう。ただ、BOBには通用しなかったのだ。そういえば、全て100,000ルピア紙幣でなかったのは、
計算を難しくさせようという戦法だったのだ。

何なんだ、この国は!

 
●外国の安いホテル選びは、ぜひここから。





●海外の格安パックツアーはこちらから。



posted by ボブ at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。