2011年03月09日

イーグルス東京ドームライブ

 イーグルスの東京ドーム見ました!私が行ったのは、3月6日(日)で、東京ドームの2日目です。3曲目に、トランペットの独奏が鳴り響き、その音がゆっくり、小さくなり完全に消えた瞬間、あの名曲「ホテル・カリフォルニア」の印象的なアコースティックギターのイントロが始まった。張りのあるハスキーなドン・ヘンリーのボーカルに酔いしれていると、エンディングのツインギターの迫力に圧倒される。この歌を聞いている最中、自然に涙がでてきた。「よくこんな完璧な歌を作ったなあ。」、「俺が死ぬ前に生で聞けて幸せ!」おそらくそういったことで、涙が出てきたと思われる。
 
 他にも、「偽りの瞳」、「我が愛の至上」、「駆け足の人生」、「呪われた夜」、「テイク・イット・イージー」、「イン・ザ・シティ」、「ロング・ラン」等々、ヒット曲のオンパレード、最近の曲も数曲披露された。そして、アンコールの最後が、「ならず者」。

 メンバーは60代前半。しかし、パワフルなサウンドと美しいハーモニーは、衰えは見られない。
最高の一夜でした。それにしても、ステージでは、ギターのジョー・ウォールシュが、一番目立ってました。

●イーグルスの「偽りの瞳」のコピーです。アメリカでヒット中!
http://www.youtube.com/watch?v=q8CwqWlceKs


●CD,DVD、本等はこちらで。





●国内のホテル、旅館探しはこちらで。


posted by ボブ at 01:11| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。