2010年04月20日

アンコール・ワット紀行A

 アンコール・ワットの一般的な見方として、1日のオプショナル・ツアーがある。個人やグループ、団体と様々であるが、基本的には、車で連れてってくれ、日本語ガイドがいる、というものだ。

 我々の場合は、三人のグループだったのだが、日本で、事前にネットで予約しておいて、当日朝、ガイドがホテルに迎えに来てくれた。他にも、3名の日本人が同行だ。

 午前中は、アンコール・トムを見学し、昼は、シェム・リアップ市内に戻り、昼食。昼食後、それぞれのホテルに戻り、2時間程度休養。そして、3時頃に再び出発し、アンコール・ワットを見学。

 夕方になると、プノン・バケンという小高い丘に登り、そこから夕陽を眺めて、暗くなった頃にツアー終了という流れだ。

 この昼食付きツアーが、一人25米ドルは、安く感じました。

 詳しい話はまた、後で。


●このブログの管理人が歌うラブ・サイケデリコの歌を聞きながら、ア ンコール・ワットの写真が見れます。是非。

 http://www.youtube.com/watch?v=RbI-WxQcHRc

●海外ホテルを選ぶ時はこちらから。

 


posted by ボブ at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。