2010年02月07日

アンコール・ワット紀行@

 先日、アンコール・ワットに行ってきましたので、そのお話を。。

 カンボジアには、国際空港が2つありますが、ひとつは、首都のあるプノンペン、そして、もうひとつが、アンコール・ワットのある、シェム・リアップという空港です。BOBは、マレーシアのクアラルンプー
ルから格安航空会社のエア・アジアに乗って、このシェム・リアップに到着しました。

 こじんまりとした空港に降り立ったBOBは、まず、市内のホテルに向かうための、タクシー探しです。アジアの各空港は、到着ロビーを出たところから、白タクの呼び込みが激しいのが、特徴です。悪いのに引っかかるとたいへんというのは、これまでのアジア旅行で身にしみています。すると、すぐに、クーポンタクシーのカウンターがあり、「これはラッキー!」と、すぐに、クーポンを購入。市内までは、7ドル(約700円)で、すぐにタクシーを1台割り当ててくれました。

 さて、タクシーに乗り込むと、運転手が、英語でいろいろと話しかけてきます。どうやら、これから、いいところを案内するという話でした。現在時刻は、朝の9時30分、予約してあるホテルもこの時間では、チェックインできないかもしれないと思っていたので、最悪バッグをタクシーのトランクに載せたまま、チェックインのできるお昼頃まで、市内観光をするというのも、この日の予定の選択肢に入っていたので、運転手のお誘いもまじめに聞いていました。

 結局、一旦ホテルに荷物を預けて、その後観光地を回ってもらうということになり、ホテル前で運ちゃんに少し待っててもらって、再び乗り込み、10kmほどのトンレサップ湖に行きました。

 ここでは、遊覧船に乗るわけですが、運ちゃんが、チケット売り場まで、来てくれて「一人30ドル」と言われました。 物価の安いカンボジアで、7〜8人乗りのボートに乗るのに30ドルは、バカ高いと思いましたが、観光地なので、しょうがないと素直に払いました。

 船の上で、生活している人が、ここには、たくさんいます。村を形成しているところがあり、そこには、学校や教会もありました。そして、40分ほど乗ると、川から大きな湖の入り口に設置してある、大きな船のようなところに着きました。そこが、休憩所となっています。いろいろな土産品や、民芸品が売っていて、ワニやニシキヘビ等も、見られるようになってました。

 岸まで、帰ってくると、11時30分ぐらいで、BOB一行は、早朝の飛行機に乗ったため、皆疲れていました。早くホテルの部屋で、一休みしたかったのです。次はここへ行こう!と、運ちゃんの執拗なアプローチをかわし、ようやくホテルまで連れてきてもらいました。最後に「How much?」と聞くと一人20ドルで、60ドルと言われました。「そんなアホな!」往復20kmのタクシー代は、せいぜい20ドル。
「やられた!」と思いました。一応、少し値切って55ドル払ってホテルの部屋にたどりつくことができました。

 そうです。ぼられたのです。ちゃんと公式なクーポンタクシーから紹介された車なのに! 若干落ち込んで、ガイドブックに目を通していると、船は一人15ドルと書いてありました。そういえば、チケットを買ったところは、正式な窓口の脇で売られていたものでした。バッグからさっきのチケットの半券を見ると、夜のアンコール・ワットの写真が載っているもので、ボートとは全く無関係のものでした。

 カンボジアに入国して、あっという間にお金がドカッと飛んでいってしまいました。恐るべし!!!


●この時のアンコール・ワットの写真が、LOVE PSYCHEDELICOの歌と一 緒に見れます。是非。

 http://www.youtube.com/watch?v=RbI-WxQcHRc


●海外ホテルはこちらで。

 



posted by ボブ at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

アンコール・ワット行って来ました!

 カンボジアのアンコール・ワットに行って来ました。細かな話は、次回に掲載いたします。(今疲れているので。。。)

 LOVE PSYCHEDELICO の「hello」という歌をカバーしたのを、you tubeにアップしまして、そこにカンボジアの写真を何枚か掲載しています。

 是非、見て下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=RbI-WxQcHRc


●海外旅行のホテル選びはこちらで。




posted by ボブ at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。