2014年04月14日

全く新しい短編小説! 百田尚樹『幸福な生活』

 こんな短編小説の形式があったのか。百田尚樹の『幸福な生活』を読んで強く思いました。文庫本で、19編の短編が掲載されているのですが、驚いたのはその形式。1編は8枚か9枚のページをめくれば終わりという長さなのですが、その最後の1枚をめくった瞬間の強烈なインパクト。このような形式は、世界でも初めてなのでは。。。
 現代生活のなにげない1シーンからのドラマ。文体も読みやすくスラスラ読めます。皆さんこれは、絶対に読むべきですよ!


幸福な生活 (祥伝社文庫)

新品価格
¥700から
(2014/4/14 02:24時点)


posted by ボブ at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

花鳥風月とは

 『花鳥風月』という意味がはっきりとわからなかったので、スマホで調べてみた。要は自然の美しさのことらしい。私は、花や鳥が自然の中でもベスト4に入る美しいものかと思ってました。そんなはずないよね。
 
 ところで、『花鳥風月』を英語で言うと何でしょうか? Flower,bird..なんて考えてはダメですよ。答えは、『the beauties of nature』(自然の美しい物々)。英訳を知って初めて『花鳥風月』の意味が具体的にわかりました。

 ちなみに、昔タモリがTVで、『花鳥風月が好きになると、ヤバイらしいぜ。』と言ってました。カメラを持って自然の写真とか撮り始めるのは、もう若くなく、ジイさんになっているという意味だそうです。



◎海外格安航空券はこちらから



◎海外のホテルの予約はこちら


posted by ボブ at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月19日

ボブ・ディラン来日!

 ボブ・ディランが4年振りに来日する。前回と同じように全国のZEPPで計14公演を行う。このZEPPは、立見席のみのライブハウスで、若者が拳を突き上げながら熱狂するというイメージだ。何故この会場で、ディランのコンサート? どうも納得いかない。
 
 ディランファンといえば、60歳代が中心と思われる。全国の中高年のディランファンが各地のZEPPに集結するのだ。私も1日行く予定なのだが、どうも引っかかることがある。2時間余りのライブ中立ちっぱなしになるということだ。後半疲れてきて、音楽に集中できなくなってしまうかも、という懸念が頭をよぎる。私はゆっくり座ってディランのライブを楽しみたいのだ。

 今年72歳の生きる伝説ボブ・ディラン。日本で座ってゆっくり見れるライブはもうないだろう。。。





タグ:BOB DYLAN
posted by ボブ at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。